• ホーム
  • 暮らしの豆知識-ラグについて

◇ ラグについて

家具を動かさずに敷くことができるので、気軽に模様替えを楽しめるのがラグのいいところ。お部屋のアクセントとして部分的に用いたり、カーペットに重ねて使うこともできます。

ラグについて

商品を見る

◆ ラグのメリット

ラグを敷くとなぜいいの?

ラグを敷くことは、お部屋のコーディネートだけでなく、生活の中での安心・安全の面でも一役買っています。

■ キズ防止

食卓イスの出し入れや落下物によるキズ防止のために、ソファやダイニングテーブルの下などに敷きましょう。

キズ防止

■ 冷え防止

ラグを敷いて、体の冷えを防止しましょう。寝室などでは、ベッドから足を下ろす位置にラグを敷くと、寝起きに体が急激に冷えるのを防ぎます。

冷え防止

■ ケガ防止

子供はお部屋の中でも活発に動き回ります。ラグを敷くことで、転倒などによるケガを防ぐことができます。

ケガ防止

◆ 素材について

■ い草ラグ

夏涼しく冬はあたたか。空気を浄化したり湿度を調整する機能を持った、い草を使用したラグです。適度なクッション性があり、日本人にとって心地良い、い草特有の香りも魅力です。

い草ラグ

該当のラグを見る

■ 竹ラグ

ひんやりとした肌触りで、夏に最適な竹素材。竹は抗菌・除菌・防虫・消臭効果が期待できるほか、適度な強度があるのでキズが付きにくく丈夫です。小さなお子さまのいるご家庭でも安心して使えます。

竹ラグ

■ ペーパーラグ

紙繊維を密に織り込んだラグ。さらりとした肌触りが魅力で、調湿効果もあると言われています。はっ水加工を施しているものは耐久性に優れ、長く使えます。

ペーパーラグ

■ 機能付きラグ

夏におすすめなのが、接触冷感素材のラグ。肌に触れた時のひんやり感が特徴です。 冬には、吸湿発熱繊維を使用したラグがおすすめ。体から発散する水分を吸収して発熱し、サラッとしてあたたか。 気軽にできる省エネとして、こうした新しい素材を取り入れるのもひとつです。

機能付きラグ

該当のラグを見る

■ クッションフロアマット

表面は厚手のビニール、裏に緩衝材を貼り付けたマットで、やわらかな踏み心地が特徴です。 液体汚れもサッと水拭きできるのでお手入れ簡単。洗面台やキッチンまわりで重宝します。

クッションフロアマット

◆ ミニコラム

ホットカーペット対応とは?

ホットカーペットは熱を発するので、その上に敷くラグは、熱に強く、また熱の伝導を妨げない素材でなければなりません。 例えば、すべり止め加工などが施されたものをホットカーペットの上に敷いてしまうと、熱により加工剤が溶けてベタついたり、乾いてパラパラとはがれてしまうことがあるので注意が必要です。 通常は裏側に不織布を使い「ホットカーペット対応」としている場合がほとんどですが、最近では熱に強いすべり止め加工を施した ものもあります。

ホットカーペット対応とは?

特集一覧

テレビCM

季節のおすすめ

ホームファッション

家具

nitori-net

家具通販・インテリア通販のニトリネットは、株式会社ニトリが運営する公式のネットショッピングサイトです。家具・インテリアなどの商品をお手頃な価格で豊富に取り揃えています。