• ホーム
  • 暮らしの豆知識-敷き物のお手入れについて

◇ 敷き物のお手入れについて

うっかりカーペットを汚してしまった…。そんな時は、慌てず騒がず、落ち着いて対処しましょう。お気に入りのカーペットやラグを長く使うための、汚れ落としのコツや裏技を伝授します。

敷き物のお手入れについて

◆ お手入れQ&A

床に敷くものだから、日常生活での汚れは避けられません。でもお手入れの基本を知っていれば安心。ここでは、みなさまからのよくある質問にお答えします。

Q, 日頃のお手入れは?

A, リビングなら週に2回ほど、寝室はふとんなどから出るホコリを考慮して、週に3回は掃除機をかけたいところです。 掃除機は、カーペットの毛並みを起こす方向に、ゆっくりじわじわと吸わせるイメージでかけます。急いで掃除機を動かすと、実際はほとんど吸えていません。 粘着クリーナーを併用すれば、掃除機で取りきれなかった髪の毛などを、きれいに短時間で取り除くことができます。

日頃のお手入れは?

Q,  髪の毛がからんだ場合は?

A, ゴム手袋を手にはめ、カーペットをなでるだけで、髪の毛やゴミがまとまっていきます。

Q,  ガムをくっつけてしまったら?

A, ビニール袋に氷を入れてガムの上に押し当てます。しばらく冷やすと固まるので、あとははがして取りましょう。 残った汚れにはガムテープを数回~数十回押し当てて固形分を取り除きましょう。

Q,  汚してしまったときは?

A,

コーヒー、紅茶
醤油、ソース
ビール、牛乳
ジュース、ワイン
まず、かたく絞ったタオル、ティッシュペーパー、スポンジなどで汚れを吸い取ります。そしてぬるま湯を汚れの上に軽くかけて、タオルやキッチンペーパーなどで拭き取り、最後に乾いた布で拭き上げます。汚れが残る場合は、台所用中性洗剤をぬるま湯でうすめ、布に浸して拭き取ります。洗剤が残らないよう、かたく絞った布で水拭きし、最後は乾拭きで仕上げます。
布かティッシュペーパーで拭き取り、乾いてからブラッシングして、かたく絞ったきれいな布で拭きます。
食用油 油を広げないように、ヘラなどで取ったあと、布にベンジンをつけてつまむようにして取り除きます。そのあと、台所用中性洗剤をぬるま湯でうすめ、布に浸してたたくようにして拭き取ります。最後に水拭きと乾拭きをします。
チョコレート
クレヨン
口紅、化粧品
布かティッシュペーパーで汚れを拭き取ったあと、布にベンジンをつけて、つまむようにして取り除きます。そのあと、台所用中性洗剤をぬるま湯でうすめ、布に浸してたたくようにして拭き取ります。最後に水拭きと乾拭きをします。

Q,  古いシミの落とし方は?

A, 油性のシミか水性のシミかを見分けられない場合は、水性の方法からやってみましょう。ぬるま湯を汚れの上に少量かけて、布やティッシュペーパーなどでできるだけ吸い取り、その後中性洗剤を溶かしたぬるま湯で、たたくように吸い取ります。洗剤が残らないようにかたく絞った布で水拭きし、さらに乾拭きで仕上げます。汚れが取れない場合は、油性のシミを疑いましょう。油性の場合は、中性洗剤を溶かしたぬるま湯の代わりに、ベンジンを布につけて拭きます。あとは同じ手順です。それでも取れない場合は、カーペット専門のクリーニング業者に依頼しましょう。

■あきらめていたシミに一度試していただきたい裏技!

シミをお湯で拭いたあとに、レモンの輪切りで丁寧にこすってみましょう。そして水拭きをし、乾拭きをして仕上げます。

◆ 素材の特徴と機能

■ ウール(羊毛)

手触りがやわらかであたたか、有害物質を出さない安全な自然素材です。断熱効果も高く、冬はあたたかく、夏は涼しく過ごせます。 湿度を調節する機能を持ち、梅雨時もサラッと快適。髪の毛と同じように水をはじく性質があるのでシミがつきにくく、さらに難燃性・クッション性・保湿性も併せ持っています。但し虫やカビに侵されやすいという欠点があります。

ウール(羊毛)

■ ポリプロピレン

軽くて丈夫、湿気を取り込みにくい、汚れがつきにくいといった特徴があります。欠点としては、弾力性に乏しい、熱に弱い、かたい感触などがあげられます。

ポリプロピレン

■ アクリル

アクリルは、やわらかくてあたたかく、ウールに似た風合いを手軽に楽しめる化学繊維です。 静電気が起きにくく、吸水性が少ないので水溶性の汚れが付着せず、カビや虫の心配もありません。 さらに摩擦に強く、弾力性があり、鮮明な色が出る素材です。

アクリル

■ ナイロン

カーペットやラグの素材の中で、最も耐久性・耐摩耗性に優れているのがナイロンです。 オフィスやホテルのロビーなど、人の往来が多い場所で多用されます。

ナイロン

■よくわかる!機能早見表■

  弾性 耐熱性 吸湿性 保温性
ウール(羊毛)
ナイロン
アクリル
ポリエステル
ポリプロピレン

☆…とても良い ◎…良い ○…ふつう △…やや欠ける

◆ ミニコラム

カーペットとラグの違い

一般的に、1畳までを「マット」、1畳~3畳で、敷き詰めずに部分的に敷くものを「ラグ」、3畳以上で部屋に敷き詰めるものを「カーペット(絨毯)」と呼びます。また日本では、カーペットのサイズ表記を「畳(じょう)」で表す場合が多いようです。

カーペットとラグの違い

カーペットとラグの違い

商品を見る

特集一覧

テレビCM

季節のおすすめ

ホームファッション

家具

nitori-net

家具通販・インテリア通販のニトリネットは、株式会社ニトリが運営する公式のネットショッピングサイトです。家具・インテリアなどの商品をお手頃な価格で豊富に取り揃えています。