• ホーム
  • 暮らしの豆知識-額縁・フレームについて

◇ 額縁・フレームについて

お気に入りのポスターや、お子様が描いた絵、運動会でもらった賞状などをフレームに入れて飾りましょう。大切なお子様の成長や、大好きなペットの写真を素敵なフレームで飾るのもまた楽しいものです。

額縁・フレームについて

◆ 額縁の種類とサイズ

※額の種類により、国やメーカーごとにサイズや規格名が異なる場合があります。
※サイズや種類によっては、専門店のみ、またはオーダーのみの取扱いとなります。

■ OA・洋紙・ポスターフレーム

OA・洋紙・ポスターフレーム

OA用紙サイズにそのまま対応しています。シンプルなデザインのものが多く、汎用性があります。

■ フォトフレーム

フォトフレーム

写真サイズの額で、ポストカードにも適しています。

■ 画用紙類

画用紙類

画用紙を入れるための額です。

■ 賞状額

賞状額

日本独特の寸法による、賞状を入れるための額縁。多くの規格やサイズがあるため、お手持ちの賞状のサイズをきちんと確認してから購入しましょう。

■ 色紙額

色紙額

色紙がそのまま入る額。作品がガラス面に直接触れるタイプと、中枠の付いたタイプがあります。

■ デッサン額(水彩額)

デッサン額(水彩額)

主にポスター・版画・水彩画・写真・スカーフ・手ぬぐいなど、あまり厚みのない作品を入れる額です。

■ 書道作品サイズ(和風額)

書道作品サイズ(和風額)

掛け軸や書画などの作品を飾ります。

■ 油絵額

油絵額

キャンバスパネルが装着できる額で、厚い絵に対応しています。Fサイズは「人物」、Pサイズは「風景」、Mサイズは「海面」を意味しており、この3種を基準としています。なお、国によって規格は
異なります。

◆ ミニコラム

写真の保存はフィルムからデータへ、そして以前は現像しなければ見られなかった写真が、パソコンや携帯、スマートフォンの中で見られる時代になりました。
でもやっぱり、子どもの成長を記録した写真や思い出の一枚は特別なもの。額に入れてお部屋に飾り、いつでも眺められるようにしたいですね。
最近では、デジタルフォトブックなどのサービスも広まってきました。デジタルフォトブックとは、パソコンの画面上で、お気に入りの写真をセレクトしてアルバムを作るというもの。また注文によって、出来上がったデータをそのまま実際のアルバムにすることもできます。撮りためた写真の整理もでき、一石二鳥ですね。

写真を「見る」「飾る」

該当商品を見る

特集一覧

テレビCM

季節のおすすめ

ホームファッション

家具

nitori-net

家具通販・インテリア通販のニトリネットは、株式会社ニトリが運営する公式のネットショッピングサイトです。家具・インテリアなどの商品をお手頃な価格で豊富に取り揃えています。