商品に関するご質問・・・カーテンについて

カーテンレールの取り付け工事をしてもらえますか?

有料にて承ります。ロールスクリーン、ブラインド等も取り付けを承ります。
※当社で購入頂いた商品に限ります。
※一部店舗で取り付けできない店舗もございます。

詳しくは最寄の店舗または「お客様相談室」にお問い合わせ下さい。

よくあるご質問・お問い合わせ 一覧へ戻る

カーテンの測り方

カーテン選びは、サイズを測ってから

サイズ表記表ダウンロード
採寸は簡単です。採寸してから店舗へご来店されると、あとは生地を選ぶだけ。
カーテン選びがよりスムーズに行えます。
ニトリの既製カーテンのサイズ展開は以下の通りとなります。

既製10サイズ

巾100×丈110cm 巾100×丈140cm 巾100×丈178cm 巾100×丈190cm 巾100×丈200cm
巾100×丈210cm 巾100×丈220cm 巾100×丈230cm 巾150×丈178cm 巾150×丈230cm

1枚タイプはお取り寄せとなり、サイズが合わない場合はイージーオーダーという方法も。
詳しくは、お近くのニトリへ。
リビングなどのちょっとこだわりたいスペースには、生地・スタイルの豊富なオーダーカーテンがおすすめです。

出窓の測り方

●幅

レール(A+B+C)の長さを測ります。
●丈

ランナーの穴から枠上1cmの長さを測ります。

レースカーテンの採寸方法

レースカーテンの丈寸法は、ドレープカーテンと合わせた状態で、下からレースのカーテンが見えてしまわないように、ドレープカーテンの寸法から1~2cm引いた長さを指定してください。幅はドレープカーテンと同様に測って下さい。

ブリーツカーテン(ひだ有りカーテン)の注文サイズの測り方

まずはカーテンレールを取り付けてください。【レールがカーテンサイズ決定の基準】です。レールが付かないとカーテンの寸法は決まりません。

1.巾(はば=横の長さ)を決める

(幅は、プリーツ(カーテンのヒダ分)長めにとります)

●機能(金属)レールの場合
機能(金属)レールの場合
●装飾レール(木や金属製の棒状)の場合
装飾レール(木や金属製の棒状)の場合
●カーブ状のレール(出窓など)の場合
カーブ状のレール(出窓など)の場合
  • カーテンの仕上がり巾は、「閉めたとき(広げたとき)の巾」ですので、ゆとりを持って作らなければなりません。
  • ひだがきれいに出来るように、「レール巾 × 1.05 (5%増し)」をしてあげればピッタリのカーテンが仕上がるわけです。
  • レール巾が200cmであれば、200×1.05=210cm が仕上がり巾となります。
  • その総巾を2枚に分けるか、1枚で作るかは、「3.カーテンの開き方、フックを決める」にて説明します。

2.丈(たけ=縦の長さ)を決める

(ランナーの穴の下から測ります)

●床まで(はき出し窓)の場合
床まで(はき出し窓)の場合
・床までのサイズを測ります。
・そのサイズから1~2cm引きます(床に引きずらない為)。床に引きずるとスソに汚れがついてしまいます。
●中間窓(腰高窓)の場合
中間窓(腰高窓)の場合
・窓枠の下までを測ります。
・下に何もない場合。 →15~20cm足します(光が漏れないように)。
・出窓の内側等の場合。 →そこから1~2cm引きます。

3.カーテンの開き方、フックを決める

(2枚ものか1枚ものか。&フックの形を決めます)

●両開き
両開き
・2枚で一組のカーテン
・中央より両側に開きます
●片開き
片開き
・1枚で一組のカーテン
・どちらか片方に開きます
●Aフック
Aフック
・レールを隠さない
●Bフック
Bフック
・レールを隠す
●機能レール(壁付け
機能レール
●装飾レール
装飾レール
●ボックスレール
ボックスレール
●天付レール(出窓など)
天付レール
●段差のある2本レール
段差のある2本レール

・スチールレールが壁から出ている…ドレープ(厚手)はBフックが通常です。
・レールが天井についている、又は、装飾(木製等)タイプでレールを見せたい場合はAフックの仕様を選んでいただきます。

サイズ表記表ダウンロード
※オーダー・イージーオーダーをご希望の方は、注文サイズを記入してお近くの店舗にお持ち下さい。
※注文サイズはサイズ記入票をダウンロードしてご記入下さい。

よくあるご質問・お問い合わせ 一覧へ戻る

カーテンのオーダーはしていますか?

承っています。カーテンサイズの採寸方法については、「カーテンの測り方」をご覧ください。また納期が、通常2週間程かかります。

よくあるご質問・お問い合わせ 一覧へ戻る

オーダーカーテン無料見積もりはしていますか?

ご自宅の図面などをお持ちいただければ、無料でお見積もり致します。なおカーテン売場に、採寸に便利な紙メジャーをご用意しております。

よくあるご質問・お問い合わせ 一覧へ戻る

カーテンの機能

カーテンはお部屋のインテリアとして重要なばかりでなく、様々な機能を持つ素材を選ぶことで、毎日の暮らしをより快適にします。

●遮光
遮光1級 遮光率99.99%以上。人の顔の表情が識別できないレベル。
遮光2級 遮光率99.80%以上99.99%未満。人の顔、あるいは表情がわかるレベル。
遮光3級 遮光率99.40%以上99.80%未満。人の表情はわかるが、事務作業には暗いレベル。

※遮光級数と遮光率は「(社)日本インテリアファブリックス協会(NIF)」の基準です。

●同色の裏地付き
遮光、遮音性を増し、断熱効果をより一層高める裏地のついた仕様です。
●ミラー効果
室内が見えにくいのでプライバシーを守ることはもちろん、紫外線もしっかりカットします。
●遮熱
レースカーテンでは光沢のある糸を使用、ドレープカーテンでは特殊コーティングを施すことで、外気をさえぎり、お部屋の空気を逃がしにくくしています。また、エアコンの効果を向上させるメリットがあります。
●遮音
カーテン生地の裏面に樹脂コーティングを施すことで、室内の音を漏れにくく、外からの騒音を軽減します。
●防炎加工
もしものときにも安心。消防法に定められた「防炎性能基準」をクリアした燃えにくい加工を施しています。
●形状記憶加工
長く使っても、洗濯しても美しさが長もち。ドレープやプリーツが崩れにくい加工を施しています。
●ご家庭で丸洗いOK
クリーニングに出すことなく、品質表示に基づき、ご家庭でのお洗濯が可能な商品です。
●アジャスターフック
丈の長さをワンタッチで調節でき、窓にぴったりの丈に合わせられます。
●チェーンウェイト
裾に鉛製のおもり(ウエイト)を巻き込んで縫製。自然で美しいドレープを実現します。
●シームレス縫製
大きなサイズでも生地の巾のつなぎがないので、一枚布のようになめらかな仕上がりです。

よくあるご質問・お問い合わせ 一覧へ戻る

お部屋別カーテンの選び方

ニトリでは、お部屋の種類やデザインに合わせて様々な種類・柄・サイズのカーテンを揃えております。
ぜひお部屋にぴったり合うお気に入りのカーテンを見つけて下さい。

お部屋に合った機能を選ぶ

●キッチン・ダイニング
汚れやすく火を使うキッチンには、防炎加工や丸洗いOKの機能カーテン、アルミ製のブラインドなどがおすすめです。小窓にはブラインドやカフェカーテン、ロールスクリーンなどを取り付けるとおしゃれなアクセントになります。
●リビング
家族が集まる、住まいの中心となるお部屋。ソファや家具とのカラーコーディネートにも気を配り、家族みんなが心地よく過ごせる色デザインを選びましょう。出窓の場合は、スタイルカーテンでエレガントな雰囲気を演出します。
●ベッドルーム
安眠を考えると、光を通しにくい遮光性のカーテンがおすすめです。また、女性などプライバシーを大事にしたい場合は、ミラー効果のあるレースカーテンを選びましょう。ベッドカバーなどの寝具と上手にコーディネートすれば、インテリアに統一感が生まれます。
●和室
和室に合う窓装飾は、すだれや障子ばかりではありません。木製ブラインドや、グリーンやベージュ等のカーテンとも合いますし、柄を植物などの自然なテイストにするとよりなじみます。

窓に合ったスタイルを選ぶ

●ドレープカーテン
どの窓にも合う一般的なスタイル。
●カフェカーテン
キッチンや廊下に目隠し兼アクセントとして。
●バルーンレース(固定式)
スタイルカーテンでも、華やかなスタイル。エレガントな雰囲気に。
●ロールスクリーン
薄地のタイプはレースカーテンとして、遮光タイプはドレープカーテンとして使用できます。
●プレーンシェード
布地のやわらかい質感とすっきりとした形が、最近注目の高いスタイル。
●ブラインド
羽根の角度を自由に変えられるブラインドは、気になる視線を遮りながら、光量を調節できるのが特徴。プラスチックだとシャープな雰囲気に、木製はどんな部屋にも合わせやすく、高級感を演出します。

色・柄を選ぶ

●お部屋の統一感を考える
単品のカーテンやブラインドだけをみて決めるのではなく、取り付けるお部屋の床や、置いてある家具の色との相性を考えながら選んでみて下さい。 インテリアのコーディネートに自信の無い方は、最初はお部屋で使う色を2~3色にまとめると統一感のあるお部屋になります。 ニトリなら、カーテンと他のファブリックシリーズで色や柄を合わせることができますので、「うまく選べるか不安」という方も、好みに合わせて統一感のあるお部屋作りをお楽しみいただけます。
●お部屋に取り付けたイメージを想像する
素材のカットサンプルや写真などでは、実際にカーテンとしてお部屋に取り付けた時の色や柄よりも濃い色に感じてしまうことがあります。 これは同じ色を使っても面積が広い方が、狭い部分の色よりも明るく見える、「面積対比」と呼ばれる色の性質による視覚効果のためです。また、細かな柄を使用したカーテンは遠くからみると別の色に見えてしまう場合があります。これも「加色混合」といわれる視覚効果によるものです。カーテンをお選びになる際は、これらのことを考慮した上で、カーテンの生地を少し離れたところから目を細めて見るなどして、実際にお部屋に取り付けた際のイメージを想像して下さい。
●色から受ける印象を考える
ピンク 若々しい、やさしいなど女性的なイメージの色です。インテリアでは、淡い桃色等の色が多く使われます。暖かな印象のお部屋に使われている場合が多いです。
イエロー 健康的で鮮やかな黄色は、幸運、陽気といったイメージを持つ、最も目立つ色です。インテリアにはベージュやクリーム色等で取り入れられることの多い色です。
グリーン 自然や植物等を連想させるやさしさとやすらぎの色がグリーンです。可視光線の中で波長が丁度真中にあるため、脳の興奮を鎮める働きがあります。インテリアでは落ち着きのあるアースカラーとよく調和します。
ブルー 希望、爽やかさ、穏やかさ、冷静さ、神秘性を連想させます。色調によって受ける印象が大きく違うのが青色の特徴です。インテリアでも様々な色調のブルーが使用され、自分のイメージに合わせてお選びいただけます。
●視覚効果を利用する
視覚効果を利用する 同じ柄でも、色によって印象は大きく変わります。明るい色使いのカーテンは、お部屋を広く見せたり天井を高く見せたりする視覚効果があります。また暖色系 の色はものを大きく見せ、 寒色系の色は小さく見えるなど、色の使い方は様々な効果を持っています。お部屋の広さや家具の色によって効果的な色使いを考えてみて下さい。
●柄の持つ印象を考える
柄の持つ印象を考える ストライプ柄は、天井を高くすっきりと見せる効果があり、小さな柄は女性らしいやさしくかわいらしい印象を与えることができます。 コーディネイトするお部屋の雰囲気をどう見せたいかで、パターンの選び方も変わってきます。気に入った柄が見つかったら、少しはなれた距離から見てみま しょう。

よくあるご質問・お問い合わせ 一覧へ戻る

カーテンレールの種類を教えてください。

■アルミタイプ・スチールタイプ
最も一般的なカーテンレールで、天井付けと正面付けのどちらにも対応しています。軽量なアルミタイプが主流です。通常はレースカーテンとドレープカーテンを合わせて取り付けることが多いため、ほとんどの窓にはもともとダブルレールが付いています。シングルレールは、カーテンを1枚だけ取り付けたい時や、ブラインド、シェードなどを組み合わせて使う場合に使います。

■ウッドタイプ
木製レールは、装飾レールの最も代表的なものです。木のぬくもりを感じさせるあたたかい質感が特徴。最近はフ ローリングのお部屋が多くなっていて、それらとの相性は抜群です。天然木のほか、パイプに木製の樹脂をコーティングした木目調もあります。シングルレールとダブルレールがあります。

■アイアンタイプ
最近人気が高まりつつあるのが、アイアンタイプの装飾レール。クラシックデザインのヨーロピアン調のものから、シン プルなデザインのものまで豊富な種類が揃っています。素材は、ステンレスやアルミのほか、真ちゅう製など様々です。シングルレールとダブルレールがあります。

■その他のレール

  • 装飾性カーテンレール
    様々なインテリアスタイルに対応した、デザイン性を重視したカーテンレール。お部屋の中で大きな面積を占める窓まわりを美しく彩り、インテリアの決め手にもなります。
  • カーブレール
    出窓やコーナーの間仕切りには、角や曲線に合わせ自由に曲げられる、カーブレールが便利。カッターで簡単にカットできるので、窓に合わせて調整できます。
  • ピクチャーレール
    ピクチャーレールとは、その名のとおり「絵」をかけるためのレールで、壁と天井との境目に取り付けるのが一般的。「絵を飾りたいけど、壁面に穴を開けるのはちょっと…。」そんな場合に重宝します。耐荷重はレールによって違いますが、耐荷重の範囲内であれば、絵以外のものも掛けられます。

よくあるご質問・お問い合わせ 一覧へ戻る

厚地カーテンのスタイルを教えてください。

よくあるご質問・お問い合わせ 一覧へ戻る

カーテンのお手入れ

手洗い30 洗濯OK カーテンのお洗濯方法は「洗濯機洗い」「手洗い」に分かれます。
商品裏の上部のタック部分に洗濯表示がありますのでお確かめください。

洗濯機表示の場合

1. フックは全て取り外します
袋に入れるなどして、紛失なさらないようにご注意ください。
2. ウエーブに沿ってたたみ、洗濯ネットへ入れます
プリーツ状に折る事でピンときれいなプリーツを保つことができます。
3. 多目の水またはぬるま湯でゆっくり洗います
水量は「最大」、洗濯は「ソフト洗い・弱水流洗い」にしてください。
4. 乾燥はゆっくりと室内でおこないます
乾燥機はご利用なさらないでください。急に乾燥させると縮む恐れがあります。
最後は室内で(カーテンを元通り吊って)自然乾燥します。 カーテンは水分を含んで重くなっています。レールがぐらついていないか確認してください。

手洗い表示の場合

1. フックは全て取り外します
袋に入れるなどして、紛失なさらないようにご注意ください。
2. ウエーブに沿ってたたみ、洗濯ネットへ入れます
プリーツ状に折る事でピンときれいなプリーツを保つことができます。
3. 多目の水でゆっくり洗います
たっぷりの水でゆっくりと押すように手洗いしてください。
4. 乾燥はゆっくりと室内でおこないます
乾燥機はご利用なさらないでください。急に乾燥させると縮む恐れがあります。
最後は室内で(カーテンを元通り吊って)自然乾燥します。 カーテンは水分を含んで重くなっています。レールがぐらついていないか確認してください。

よくあるご質問・お問い合わせ 一覧へ戻る

ロールスクリーンのお手入れ方法を教えてほしい。

家庭用洗濯機で洗える製品の場合は取扱説明書に従い、水洗いしてください。それ以外は生地を本体から外すことができないので、ブラインドクリーナーやブラシなどでホコリを取りましょう。
ぬれた雑巾などでは拭かないでください。シミ・シワの原因になります。

よくあるご質問・お問い合わせ 一覧へ戻る

シェードのお手入れ方法を教えてほしい。

普段のお手入れは、シェードの生地を傷めないように軽く掃除機をかけるか、ホコリをはたくなどしてください。
お洗濯は、製品に付いている取扱絵表示に従って、厚地は年に1回程度、レースは年に2回程度を目安に行いましょう。

よくあるご質問・お問い合わせ 一覧へ戻る

ブラインドのお手入れ方法を教えてほしい。

軍手をはめ、ブラインドのすき間に指を入れて汚れをふき取る方法がよく知られていますが、最近はブラインド専用のクリーナーが製品化されているので活用しましょう。

よくあるご質問・お問い合わせ 一覧へ戻る