11,000円以上(税込)お買上げ、または店舗受取で送料無料(一部商品を除く) 11,000円以上(税込)お買上げ、または店舗受取で送料無料(一部商品を除く) 11,000円以上(税込)お買上げ、または店舗受取で送料無料(一部商品を除く)

ニトリ公式通販ニトリネット

  1. ホーム
  2. 特集一覧
  3. 収納アイデア
  4. キッチン・台所収納のアイデア

キッチン・台所収納のアイデア

クローゼット収納のアイデア

キッチンはクローゼットなどと違い、目の高さに収納スペースがなく、引出しも収納するモノも細かいのが特徴。「分からない・取りづらい・収まらない」が起こりやすくなりますので、どこに何があるか分かりやすく、空間を有効に使い、取り出しやすい、場所づくりを心がけましょう。

押さえておきたいキッチン収納のキホン

キホンは水回り、作業台、コンロの縦ラインで切ること。この縦のラインで使うモノをしまえば、なんとなく何がどこにあるか分かるようになり、なおかつ作業動線も短くできます。さらに、取り出しやすくするために高さに合わせて使う頻度、重さで分けると便利で使いやすくなります。
これだけでも、なんだか整理できそうが気がしてきますね。

キッチン収納のイラスト図。縦のラインとして水回りのライン、作業スペースのライン、コンロ周りのスペースで分けて、そこで使うモノをしまいましょう。また、横のラインとして吊戸棚は使用頻度が低いモノ、作業台の上は作業スペースの確保を最優先に無理なくモノを置くようにしましょう。作業台下は収納場所に合わせたしまい方を。扉には普段使う置き場が定まらないモノを置くようにするのがキホンです。
  • 吊戸棚取りづらい場所ですので、上段は使用頻度が低いもの、下段はよく使うもので分けましょう。
  • 作業台・キッチンキャビネット上の収納作業スペースの確保が最優先。頻繁に使用するモノを無理なく置く程度にしましょう。
  • 作業台・キッチンキャビネット下の収納縦のラインで使うモノをしまいましょう。引出しタイプか、観音開きタイプかによって使いやすくする工夫は変わってきます。水回り下・シンク下の収納にしまうモノ洗剤や排水口ネット、食器棚がない場合は食器のほか、ザル・ボウルなど。作業台下の収納にしまうモノキッチンツール、カトラリー、調味料など。火まわり・コンロ下の収納にしまうモノ鍋、フライパン、トングなどの調理器具を中心に、油や調味料など。
  • 扉の表面、裏面普段使うのに置き場が定まらないラップやミトンなどの収納を検討しましょう。

目次

基本が分かったところで、各収納場所のアイデアを見ていきましょう。

吊戸棚の収納

上段(枕棚)の収納

ポイント吊戸棚は高さがあり、取りにくい・見えにくい場所。そのため、軽めのモノを中心に、取り出しやすく、何を入れたかわかりやすくすることが理想です。

アイデア
高い所は見やすく・取りやすくして使いやすく

スペースの高さが低めの吊戸棚の場合、取っ手付きのケースと小さいケース、バスケットを置きました。棚の高さや幅にあわせたケースをうまく使って収納を活用できるようにしましょう。
スペースの高さのある吊戸棚の場合、さきほどの事例と比べて2段にできるようなラックを使って収納量を上げながら、取り出しやすい状態を使うことができます。

なだれを起こす可能性のある直置きではなく、ケースを使いましょう。取りにくい上段は大きめのケースを必要最低限に、取りやすい下段は小さめのケースでまとめるのがキホン。ケース同士は重ねず、収納量を増やす場合は突っ張り棒や小さなラックを使いましょう。

ニトリのおすすめ
片手で取れる取っ手付きストッカー

収納量が多いので、食品から調理器具まで収納可能。透明タイプは中身も見えるので、何を収納したかも一目瞭然に。しっかりした素材なので、重いものを入れてもぐらつきません。

収納量が多いので、食品から調理器具まで収納可能。透明タイプは中身も見えるので、何を収納したかも一目瞭然に。しっかりした素材なので、重いものを入れてもぐらつきません。

ニトリのおすすめ
収納量を増やすアイテム

特に高さのある吊戸棚で、収納量を増やしたい場合は、ラックや突っ張り棒を使用しましょう。突っ張り棒はそれだけで棚になるタイプの他に、別途棚板を乗せるタイプなどがあります。

特に高さのある吊戸棚で、収納量を増やしたい場合は、ラックや突っ張り棒を使用しましょう。突っ張り棒はそれだけで棚になるタイプの他に、別途棚板を乗せるタイプなどがあります。

ニトリのおすすめ
吊戸棚の収納をさらに増やすバスケット

吊戸棚に取り付けるタイプのバスケットを使えば、吊戸棚下のデッドスペースを利用できます。高頻度で使うアイテムの置き場として活用してみましょう。

吊戸棚に取り付けるタイプのバスケットを使えば、吊戸棚下のデッドスペースを利用できます。高頻度で使うアイテムの置き場として活用してみましょう。

作業台・キッチンキャビネット上の収納

作業台・キッチンキャビネット上の収納

ポイント作業台は、調理や洗い物といった作業場所としての機能を無くさないことが最も大事です。
モノでスペースが埋まらないように、使われていない場所を活かして作業スペースを広くし、さらに台所仕事の動線をよくするような工夫をしてみましょう。

アイデア1/2
浮かせることで作業スペースを広く使い、動線も解消

直置きしていたものを浮かせることで、作業台が食材や調味料でいっぱいになり、調理がしづらくなってしまうのを解消してくれます。作業スペースを確保したい人におすすめの収納方法です。

直置きしていたものを浮かせることで、作業台が食材や調味料でいっぱいになり、調理がしづらくなってしまうのを解消してくれます。作業スペースを確保したい人におすすめの収納方法です。

ニトリのおすすめ
動線を改善・スペースを確保する 浮かせる収納

マグネット収納を使って調味料やキッチンツールなどを浮かせば、作業スペースを確保しながら使いやすいキッチンに。マグネットがつかない場合はマグネットの付くパネルなどが利用できます。

マグネット収納を使って調味料やキッチンツールなどを浮かせば、作業スペースを確保しながら使いやすいキッチンに。マグネットがつかない場合はマグネットの付くパネルなどが利用できます。

アイデア2/2
作業スペース以外の場所を活かす

たとえばコンロ周りの通常はデッドスペースになってしまう場所も、モノを置ける台などを使えば使いやすくなります。コンロやシンクの横や奥に置けるものなど、スペースや置きたいものに合わせたラックを選びましょう。

作業スペースとして使うことがないコンロの奥・横などは、活用ポイントです。

ニトリのおすすめ
すき間を活かしたラック

すき間を活かせるラックは種類が豊富です。コンロ横などのすき間に合わせ、ぴったりなものを選びましょう。

すき間を活かせるラックは種類が豊富です。コンロ横などのすき間に合わせ、ぴったりなものを選びましょう。

作業台・キッチンキャビネット下の収納

作業台・キッチンキャビネット下の収納

ポイント水回り・シンク、火まわり・コンロなど、それぞれでの作業で使うものを下にしまい、動線を短くしましょう。シンク下は排水や給水によって収納スペース内の温度・湿度が上がりやすいため、食品や調味料系の収納は極力避けるのがベター。
また、収納が引出しタイプか、観音開きタイプかによっても収納方法が変わります。

引出しタイプのアイデア
アイテムを立てて見やすく・取りやすく

引き出しタイプの収納では、上から見て取りやすくします。コンロ下では主に鍋や鍋蓋、大きなキッチンツールなどを縦向きにします。
シンク下の引出しでは、食器、ゴム手袋、ゴミ袋なども上から取りやすい状態が作れます。

引出しタイプは上から見ることになるので、立てて収納すると見やすく、取りやすくなります。キッチン専用の整理アイテムのほか、ファイルスタンドなども活用できます。

ニトリのおすすめ
縦向き収納に活用できるアイテム

仕切りの機能があるものを使うことで、フライパンや鍋が倒れず縦向きに収納できて、なおかつカテゴリごとに分類できるので、取り出しやすくなるほか、しまう場所も分かりやすくなります。

仕切りの機能があるものを使うことで、フライパンや鍋が倒れず縦向きに収納できて、なおかつカテゴリごとに分類できるので、取り出しやすくなるほか、しまう場所も分かりやすくなります。

観音開きタイプの収納アイデア
管を避けつつ空間は有効活用

観音開きタイプの収納では、高さを最大限活用できるようにラックを使いましょう。その際、水道管を避けられるラックを使うことによって、空間を無駄なく使うことができます。引出しのアイテムを使うと観音開きタイプでも上から取り出しやすくなり、かがまなくても済むようになります。

観音開きタイプは前からみて取り出す使い方になります。上の空間を無駄なく使い、冷・温水・排水管をうまく避ける工夫をしましょう。

ニトリのおすすめ
観音開きタイプ向けの収納ラック・アイテム

管周りを避けながらスペースをしっかり使える便利なラックを使い、デッドスペースを作らないようにしましょう。

管周りを避けながらスペースをしっかり使える便利なラックを使い、デッドスペースを作らないようにしましょう。

ニトリのおすすめ
上からみて取り出せるようにできるアイテム

引出しを入れることで、横ではなく上から取り出せるように。積み重ねられるアイテムを使えば、スペースをしっかり使いきれます。無駄がでないよう奥行のサイズも気にしましょう。

引出しを入れることで、横ではなく上から取り出せるように。積み重ねられるアイテムを使えば、スペースをしっかり使いきれます。無駄がでないよう奥行のサイズも気にしましょう。

底浅タイプの引出し収納アイデア
整理された状態を作る

底浅タイプの引出しでは、見つかりやすく、取り出しやすくするための「整理整頓」という考えがキホンです。幅が狭いタイプの底浅の引出しでは頻度の高いものに厳選しましょう。
幅の広いタイプの底浅の引出しではカトラリーやキッチンツールもまとめてしまえます。

カトラリーやキッチンツールなど細々したものを収納することの多い底浅の引出しは、収納量を上げるというより、絡まって取りづらい、見つからない、を解消する「整理」を意識しましょう。

ニトリのおすすめ
しまうモノの大きさに合わせた整理トレー

引出しのサイズに合わせた整理トレーを使用しましょう。伸縮する整理トレーはしまうモノだけでなく、トレーを広げればスペースを使い切ることができます。

引出しのサイズに合わせた整理トレーを使用しましょう。伸縮する整理トレーはしまうモノだけでなく、トレーを広げればスペースを使い切ることができます。

デッドスペースの収納アイデア
扉を活用する

扉の表側には、タオルをかけたり生ごみを捨てる小さいゴミ箱を設置したりすることで、置き場に困るものの住所ができます。
扉の裏側には、シールや吸盤でくっつく収納アイテムを使用しましょう。ラップやミトン、ゴミ袋など、普段は見えないところに収納したいものをしまうのにぴったりです。

扉も収納場所として活用できます。ちょっとした小物や、いつも置き場所に困るようなものなどの居場所を扉部分に作ってみましょう。

ニトリのおすすめ
タオルなどをかける表側の活用アイテム

使う頻度が高いのにかける場所が意外とないタオルなどは、扉の表側にかけると使いやすくなりますね。

使う頻度が高いのにかける場所が意外とないタオルなどは、扉の表側にかけると使いやすくなりますね。

ニトリのおすすめ
普段は見えないが取りやすい扉裏活用アイテム

ラップやミトンなど、普段は見えないようにしておき、使う時にはすぐ取り出せるようにできます。

ラップやミトンなど、普段は見えないようにしておき、使う時にはすぐ取り出せるようにできます。

始めるならキャビネット・作業台上から

出来る所から始めましょう。

ポイント引出し、収納の数も多く、しまうモノも非常に多いキッチン。
一気にやるには覚悟と時間、そしてお金もかかります。キャビネット上が散らかっている場合はそこから見直し、作業台を広く使い、料理を快適になるようにすることから始めると良いでしょう。
マグネットで浮かすか、引出しの中にスペースを作ってしまうようにするか…。そこからキッチン・台所の収納全体を見直すきっかけになるはずです。ぜひできることころから始めてみてください。

お部屋タイプから探す

コーディネートから探す

店舗検索

ページの先頭へ戻る