11,000円以上(税込)お買上げ、または店舗受取で送料無料(一部商品を除く) 11,000円以上(税込)お買上げ、または店舗受取で送料無料(一部商品を除く) 11,000円以上(税込)お買上げ、または店舗受取で送料無料(一部商品を除く)

ニトリ公式通販ニトリネット

  1. ホーム
  2. 特集一覧
  3. 収納アイデア
  4. 押入れ収納のアイデア

押入れ収納のアイデア

押入れ収納のアイデア

クローゼットより奥行のある押入れでは、上下に加えて前後や左右も意識しましょう。

押入れ収納のキホン

押入れは最上段・上段・下段で区切る以外に、左と右、手前と奥、という区切り方を踏まえましょう。

押入れ収納のイラスト図。最上段は低頻度なモノ、上段(中段)は最も高頻度なモノ、下段は高頻度でなおかつ重たいモノを収納するのがキホン。ふすまがあるため、真ん中を横断してモノを置いてしまうと取りにくくなるので、左右で分けましょう。また奥行があるため、手前と奥で分ける場合、奥にはあまり使わないモノを収納しましょう。
  • 最上段(天袋)
    …低頻度のモノ
    出し入れしにくい最上段の天袋には、普段取り出さない使用頻度の低いモノを収納しましょう。
  • 上・下段
    …奥と手前を分ける・つなげる
    奥と手前をつなげるのが最も使いやすいです。分けて使う場合、奥側は低頻度、手前は高頻度のモノを収納しましょう。
    特に下段は重たいモノを収納するのがオススメです。
  • ふすま・扉も意識して
    左右で区分けする
    出し入れしやすくするために、左右で区分けしましょう。左右をつなげるならふすまを外すのもアリ。

住所不定になる「直置き」は避ける

モノを直置きした場合、何かを取ってしまうと上に置いてあったものが崩れてきてしまいモノの住所が変わってしまい、どこに何があるのか分からなくなってしまいます。

収納ケースやラックを使用する理由はホコリやシワにならないだけでなく、直置きよりもモノの住所が変わらないというメリットもあります。
直置きだと欲しいとき時に見つからず、余計な買い足しなど暮らしのストレスにつながっていきます。
収納用品は「しまう」以外に「整頓」することもでき、余計な時間やお金を減らせる効果もあります。

イラストでみる押入れの
収納アイデア3選

押入れは上下、前後、左右で分けて考えることがわかたところで、活用のアイデアやバリエーションを見てみましょう。

  • ①キャスター付きの収納アイテムを使うと奥にあるものを出し入れしやすくなります。
    ①キャスター付きの収納アイテムを使うと奥にあるものを出し入れしやすくなります。
  • ②段を作ると広い空間をしっかり使い切れます。
    ②段を作ると広い空間をしっかり使い切れます。
  • ③ワークスペースとして使うなどの活用方法も。
    ③ワークスペースとして使うなどの活用方法も。

目次

なんとなく基本がわかったところで、ここからは実際に押入れ内のエリア別に収納方法をみてみましょう。

天袋(最上段)の収納

天袋(最上段)の収納

ポイント取り出しづらい場所なので、使用頻度の低いものを収納しましょう。また、取り出しやすいように軽いものを収納するか、小分けにすることが大事です。

アイデア
直置きではなく、収納ケースを使って取り出しやすい状態を作る

天袋は奥行きがあるので、基本は前後で分けて、めったに取り出さないものを奥、それなりに取り出す機会のあるものは手前に分け、重くならないように小分けにしましょう。

天袋は奥行きがあるので、基本は前後で分けて、めったに取り出さないものを奥、それなりに取り出す機会のあるものは手前に分け、重くならないように小分けにしましょう。

ニトリのおすすめ
前後で分けられるフタあり小さなケース・ボックス

収納ケースは、中のものがこぼれないようにフタができるものがおすすめです。

収納ケースは、中のものがこぼれないようにフタができるものがおすすめです。

ニトリのおすすめ
前後をつなげて使える大きなケース・ボックス

押入れならではの奥行を活用して大型のものを収納する場合も、重たいものは出来るだけ避けましょう。お客さん用の布団などが向いています。

押入れならではの奥行を活用して大型のものを収納する場合も、重たいものは出来るだけ避けましょう。お客さん用の布団などが向いています。

上・下段に共通する収納のキホン

上・下段に共通する収納のキホン

ポイント上段も下段も基本は押入れならではの深い奥行を有効に使うこと。収納ケースやラック、棚を使って、「もったいないスペース」を減らしましょう。

アイデア1/2
取りにくくならないよう、奥までつなげて使う

伸縮できるラックを使って、ラックの下には収納ケースを、ラックの上には布団を置きました。隣には服をかけられるハンガーラックを設置した図です。押入れの空間をしっかり使い、なおかつ取り出しやすい状態ができました。

棚やラック、収納ケースなどを使って、手前から奥までつなげる使い方はシンプルだからこそ、とても使いやすいです。

ニトリのおすすめ
奥行を使い切る収納ケース・ボックス

ご自宅の押入れの奥行にあったサイズの収納ケースを選びましょう。押入れ用の長くて重ねることができる収納ケースをまとめました。

ご自宅の押入れの奥行にあったサイズの収納ケースを選びましょう。押入れ用の長くて重ねることができる収納ケースをまとめました。

ニトリのおすすめ
自由にサイズを変えられる整理ラック

ふたつ揃えて前後につなぎ、大きいものを収納したり、上下に重ねて棚のよう使えたりできます。伸ばしたり、並べたり、重ねられるので、スペース使い切り度がカンタンに上がります。

ふたつ揃えて前後につなぎ、大きいものを収納したり、上下に重ねて棚のよう使えたりできます。伸ばしたり、並べたり、重ねられるので、スペース使い切り度がカンタンに上がります。

アイデア2/2
ふとんは直置きしないように

ふとんを直置きすると湿気が逃げず、カビやダニの繁殖の原因になってしまいます。定番のすのこなど、湿気対策アイテムを使いましょう。

ふとんを直置きすると湿気が逃げず、カビやダニの繁殖の原因になってしまいます。定番のすのこなど、湿気対策アイテムを使いましょう。

ニトリのおすすめ
定番のすのこ

ご自身の収納する布団に合わせて、すのこのサイズを確認しておきましょう。

ご自身の収納する布団に合わせて、すのこのサイズを確認しておきましょう。

ニトリのおすすめ
敷くだけでで湿気を吸い取る除湿シート

下に敷いておくだけで湿気を吸い取ってくれる除湿シートです。湿気が溜まったことを知らせてくれるセンサー付きですので、干して乾かせばまた繰り返し使えます。

下に敷いておくだけで湿気を吸い取ってくれる除湿シートです。湿気が溜まったことを知らせてくれるセンサー付きですので、干して乾かせばまた繰り返し使えます。

上段におすすめの収納アイデア

上段におすすめの収納アイデア

ポイント最も取り出しやすい場所のため、使用頻度が高いものを優先して収納しましょう。

アイデア1/2
服をハンガーのままかけられるようにする

押入れ専用のハンガーラックを使って、服をカンタンに出し入れできるようにした図です。

ハンガーのまま服が収納できるように、押入れをクローゼットのようにして服を出し入れしやすくしましょう。

ニトリのおすすめ
押入れ用のハンガーラック

横向きのしまい方と、縦向きのしまい方ができます。縦向きタイプはネジで固定する必要がありますが、手前にスライドできて出し入れしやすい便利な仕様です。

横向きのしまい方と、縦向きのしまい方ができます。縦向きタイプはネジで固定する必要がありますが、手前にスライドできて出し入れしやすい便利な仕様です。

アイデア2/2
低頻度のものを奥に、高頻度のものは手前に

手前側には奥行の短いラックを置き、その中に収納ボックスを入れて、奥側にはキャスター付きの収納ケースを置いた図です。隣にはねじ止めタイプのハンガーパイプを取り付けて服をかけました。服をかけたエリアは下が空いているので、ラックの奥に置いた収納ケースが取り出せるようになっています。

頻繁に使うものを手前に、そうでないものは奥に。奥のモノも出し入れできるようにキャスター付きのケースの活用や、いざというときに取り出せるようにモノをどかしやすくするレイアウトがポイント。

ニトリのおすすめ
収納の自由度を上げる前側のラックやケース

前後で分ける場合、手前にラックや棚を設置するとモノに合わせて様々なサイズの収納ボックスが使えるようになるなど、自由度が上がります。

前後で分ける場合、手前にラックや棚を設置するとモノに合わせて様々なサイズの収納ボックスが使えるようになるなど、自由度が上がります。

ニトリのおすすめ
低頻度のものをしまっておく奥側の収納アイテム

奥のモノがどれくらいの頻度で使うかにもよりますが、取り出しやすいレイアウトやキャスター付きの衣装ケースなどを検討しましょう。

奥のモノがどれくらいの頻度で使うかにもよりますが、取り出しやすいレイアウトやキャスター付きの衣装ケースなどを検討しましょう。

下段におすすめの収納アイデア

下段におすすめの収納アイデア

ポイント下段には、枕棚や上段に置くと出し入れが大変になるような重たいものなどを収納するのに向いています。

アイデア
キャスター付きでラクに出し入れ

手前に移動できない大きなタンスやチェストを置いてしまうと、奥のモノを取り出すのはほとんど困難になります。奥手と手前でわける場合は特に、キャスターをつけて奥のモノをいつでも取り出せるようにするのがオススメです。

手前に移動できない大きなタンスやチェストを置いてしまうと、奥のモノを取り出すのはほとんど困難になります。
奥手と手前でわける場合は特に、キャスターをつけて奥のモノをいつでも取り出せるようにするのがオススメです。

ニトリのおすすめ
キャスター付きの収納ラック・ワゴン

押入れの下段に入れられて、簡単に動かすことが出来るキャスターです。置きたい場所に合わせてサイズを選びましょう。

押入れの下段に入れられて、簡単に動かすことが出来るキャスターです。置きたい場所に合わせてサイズを選びましょう。

ニトリのおすすめ
前後をつなげて家電や布団をしまうキャリー

衣服ではなく家電など重いものをしまいたい場合はキャリーが大活躍。キャスターがついているので、出し入れも簡単です。

衣服ではなく家電など重いものをしまいたい場合はキャリーが大活躍。キャスターがついているので、出し入れも簡単です。

ニトリのおすすめ
キャスター付きのチェスト

チェストタイプももちろんあります。下着や肌着などを下段にしまう場合におすすめです。

チェストタイプももちろんあります。下着や肌着などを下段にしまう場合におすすめです。

湿気・カビ・ダニ対策も忘れずに

湿気・カビ・ダニ対策も忘れずに

ポイントモノを詰めすぎてしまうと通気性が悪くなり、湿気が溜まりやすくなります。大切な服が湿気でカビやダニでダメになってしまわないように対策しましょう。

アイデア
湿気が溜まりやすい隅と下に設置するのが◎

湿気は隅と奥に溜まっていきます。除湿剤を設置するときも枕棚、および中・下段の隅と奥に除湿剤を設置するのが良いでしょう。

湿気は隅と奥に溜まっていきます。除湿剤を設置するときも枕棚、および中・下段の隅と奥に除湿剤を設置するのが良いでしょう。

ニトリのおすすめ
場所に合わせた豊富な除湿剤

様々な用途に応じた除湿剤を豊富に取り扱っています。押入れの中で置ける場所に合わせて最適なものを選びましょう。

様々な用途に応じた除湿剤を豊富に取り扱っています。押入れの中で置ける場所に合わせて最適なものを選びましょう。

ちょっとずつ始めてみましょう。

ちょっとずつ始めてみましょう。

ポイント押入れはスペースがクローゼットよりも広く、使い方の選択肢も多いです。
何から始めてよいか迷うときには「まずは高頻度で使うモノから」整理された状態にすると、取り組んだ効果を実感しやすいでしょう。
ここまで紹介してこなかった布団収納袋など、使えるアイテムはこちらに掲載していますので、こちらも参考にしてみてください。

ニトリのおすすめ
布団圧縮袋など

かさばりがちな布団は圧縮袋に入れることで収納スペースを減らすことが可能です。また、押入れの収納を整える際は、除湿などについても気を配るようにしましょう。

かさばりがちな布団は圧縮袋に入れることで収納スペースを減らすことが可能です。
また、押入れの収納を整える際は、除湿などについても気を配るようにしましょう。

お部屋タイプから探す

コーディネートから探す

店舗検索

ページの先頭へ戻る