10,000円以上(税別)お買上げ、または店舗受取で送料無料(一部商品を除く)

ニトリ公式通販ニトリネット

  1. ホーム
  2. ラグ
  3. 敷き物-ラグの選び方

敷き物-ラグの選び方

家具を動かさずに敷くことができるので、気軽に模様替えを楽しめるのがラグのいいところ。お部屋のアクセントとして部分的に用いたり、カーペットに重ねて使うこともできます。

これだ!が見つかる。暮らしの豆知識

ラグのメリット

ラグを敷くことは、お部屋のコーディネートだけでなく、生活の中での安心・安全の面でも一役買っています。

  • キズ防止 食卓イスの出し入れや落下物によるキズ防止のために、ソファやダイニングテーブルの下などに敷きましょう。
  • 冷え防止 ラグを敷いて、体の冷えを防止しましょう。寝室などでは、ベッドから足を下ろす位置にラグを敷くと、寝起きに体が急激に冷えるのを防ぎます。
  • ケガ防止 子供はお部屋の中でも活発に動き回ります。ラグを敷くことで、転倒などによるケガを防ぐことができます。

各サイズのイメージ

  • 幅130×
    奥行185cm
  • 幅185×
    奥行185cm
  • 幅200×
    奥行240cm
  • 幅200×
    奥行300cm
  • 幅240×
    奥行340cm

  • 円形
    130cm
  • 円形
    180cm

ラグの機能

  • 防ダニ加工 床面には食べこぼしや髪の毛などの有機物が多く、それがカーペットやラグマットのパイルにからまってしまうと、ダニの繁殖を促してしまいかねません。
    防ダニ加工ではダニの忌避材を施すことで、お子様やペットの健康にも配慮しつつ、70%以上のダニを寄せ付けないクリーンな環境を実現しています。
  • 防音加工 フローリング人気で生活騒音が階下に響くことが多くなり、騒音トラブルが増えているようですが、スプーンなど小さなものを落とした時の軽量床衝撃音を、クッション性能で吸収・緩和する機能です。
    また防音性の高い床材、カーペットはただ音を防ぐだけではなく、クッション性が高いために足を守り、快適な居住性を与えてくれます。
  • 抗菌防臭機能 タバコ臭やアンモニア臭など、日常で発生する不快な臭いに関する悩みを解決してくれる機能です。中でも、シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドなどのガスの臭いも広範囲に丸ごと吸着し、臭いのない安全な物質に変化させます。
    また、お部屋の床面にはどうしてもホコリやゴミがたまりやすく、菌の温床となりがちですが、普段のお手入れ、掃除もずいぶん楽に快適さを維持できます。
  • 防炎加工 消防法に定められた「防炎性能基準」をクリアした燃えにくい加工を施しています。炎が燃え広がりにくいので、万一の時も安心です。

素材と織り方一覧

  • 平織 たて糸とよこ糸を1本ごと交差させて織る、織り物の原点とも呼べる織り方です。ラグやカーペットに多く使われ、パイルを植え込む製法よりも耐久性に優れています。
  • タフテッド 基布に刺しゅうのようにパイルを植えつけていく製法。高速で大量に生産でき、手頃な価格が魅力です。以前は無地が主流でしたが、最近は色柄ものが多くなっています。
  • ウィルトン織 18世紀にイギリスで誕生した機械織りで、複数色の糸を使用した色鮮やかなデザインが特徴です。機械織りでありながら、手織りのような上品な風合いがあり、耐久性にも優れています。
  • シャギー 太めのパイルを粗く織り込む製法。パイルの長さは約25㎜以上でカットします。肌触りが良く、ボリュームがあって豪華な印象。床の一部に敷く部分敷きや重ね敷きのラグとして多く使われます。
  • 緞通(だんつう) 時間をかけて手織りした芸術的な敷き物です。ペルシャ緞通や中国緞通が有名ですが、そのほかにギャッベ、キリムなど地域名をつけた緞通があり、それぞれ素材やパイルの結び方が異なります。日本で有名なのは、佐賀に伝わる鍋島緞通で、木綿で織られています。
  • い草ラグ 夏涼しく冬はあたたか。空気を浄化したり湿度を調整する機能を持った、い草を使用したラグです。適度なクッション性があり、日本人にとって心地良い、い草特有の香りも魅力です。
  • 竹ラグ ひんやりとした肌触りで、夏に最適な竹素材。竹は抗菌・除菌・防虫・消臭効果が期待できるほか、適度な強度があるのでキズが付きにくく丈夫です。小さなお子さまのいるご家庭でも安心して使えます。
  • ペーパーラグ 紙繊維を密に織り込んだラグ。さらりとした肌触りが魅力で、調湿効果もあると言われています。はっ水加工を施しているものは耐久性に優れ、長く使えます。
  • 機能付きラグ 夏におすすめなのが、接触冷感素材のラグ。肌に触れた時のひんやり感が特徴です。冬には、吸湿発熱繊維を使用したラグがおすすめ。体から発散する水分を吸収して発熱し、サラッとしてあたたか。気軽にできる省エネとして、こうした新しい素材を取り入れるのもひとつです。
  • クッションフロアマット 表面は厚手のビニール、裏に緩衝材を貼り付けたマットで、やわらかな踏み心地が特徴です。液体汚れもサッと水拭きできるのでお手入れ簡単。洗面台やキッチンまわりで重宝します。
  •  
  •  
  • パイルとは、敷き物の下地に植え込まれているループ(輪)状の繊維(糸)のことで、織った後の処理により2種類に分けられます。パイルをループのままにしたものを「ループパイル」または「アンカットパイル」と言い、タフテッド織などに用いられます。ループをカットしたものを「カットパイル」と言い、主にシャギー織などに用いられます。敷き物以外では、タオル地やベルベット、コーデュロイなどもパイル生地の一種です。

ホットカーペット対応とは?

ホットカーペットは熱を発するので、その上に敷くラグは、熱に強く、また熱の伝導を妨げない素材でなければなりません。例えば、すべり止め加工などが施されたものをホットカーペットの上に敷いてしまうと、熱により加工剤が溶けてベタついたり、乾いてパラパラとはがれてしまうことがあるので注意が必要です。通常は裏側に不織布を使い「ホットカーペット対応」としている場合がほとんどですが、最近では熱に強いすべり止め加工を施したものもあります。

お部屋タイプから探す

コーディネートから探す

店舗検索

ページの先頭へ戻る