• ホーム
  • 暮らしの豆知識-間接照明について

◇ 間接照明について

間接照明とは、光源を直接見せず、やわらかい光で演出する手法を言います。例えば、光を壁や天井に当て、その反射光を利用して間接的に周囲を照らしたり、ランプシェードなどで光をやわらげたり。 お部屋に上手に取り入れて、癒しの空間を作ってみませんか?

間接照明について

◆ 間接照明のテクニック

光源を直接見せず、間接的に空間を照らす間接照明は、直接照明にくらべると光や影がやわらかくなり、心身ともにリラックスできます。また照明器具の使い方によって、広がりや奥行き感などを演出することもできます。

■ 壁を照らす

壁を明るくすることで、空間の広がり感を演出します。また光が当たる部分と当たらない部分の濃淡が生まれるので、部屋全体に立体感が生まれ、壁の質感も強調されます。

■ 天井を照らす

天井面を明るくすることで、天井方向の広がり感が増し、閉塞感が緩和され、室内全体がやわらかい雰囲気になります。光が上を向いているため足元は暗くなりますが、その効果として、部屋全体が落ち着いた雰囲気になります。

■ 影を演出

小物などを使って、影の形を意図的につくり出すこともできます。またそのような計算のもとにデザインされた照明器具もあります。

■ 間接照明器具を使う

間接照明として使うための器具をお部屋に置くだけで、やわらかな光を演出してくれます。

■ 家具の下を照らす

脚のある家具の下に照明を設置。下から漏れてくる光によって、お部屋に奥行き感が生まれます。

■ 背の低い照明を床に置く

部屋全体が明るくならず、照明器具を光のワンポイントとして演出できます。

■ ライトアップする

お気に入りの家具や小物・雑貨などをライトアップして目立たせると、インテリアにメリハリがつきます。

■ ステンドグラスを利用する

ステンドグラスの裏側から光を照らすと、ぼんやりとしたあたたかな光が生まれます。キャンドルとの相性も◎。

■ 浴室を演出

防水機能の付いた照明を使ってお風呂を演出。リラックスできるバスルームで、一日の疲れを癒せます。

■ ベッドの壁を演出

ヘッドボード上の壁を、上向きに照らしてみましょう。落ち着いた雰囲気の中で眠りにつくことができます。

◆ 照明器具

生活のために必要不可欠な直接照明と、置くだけで落ち着いた雰囲気をつくり出してくれる間接照明。ここでは具体的に、その器具をご紹介します。

■ 直接照明

天井に設置するシーリングライトやペンダントライトが代表的なもので、ものを見る、作業をする、部屋を明るくするなどの目的で使用します。あらゆるシーンで人が不自由なく暮らすために、なくてはならない照明です。

直接照明

商品を見る

■ 間接照明

置くだけでやわらかく穏やかな光を演出してくれる、スタンドライトやフロアランプ。“生活のための照明”ではなく、“暮らしの余裕”や“ 癒しの空間づくり”のための照明です。

間接照明

フロアランプを見る

フロアランプを見る

◆ ミニコラム

光の色を数値で表し、比較の目安となるものを色温度と言います。間接照明は主に演出用として用いられ、特にお客様が出入りする場所で多用されますが、例えば色温度の低い電球色は、部屋全体があたたかい雰囲気に包まれるため、ホテルやレストランなどのくつろぐ空間に用いられます。 一方色温度が高めの昼白色では、さわやかな雰囲気を生かして、事務所エントランスなどで多く用いられます。色温 度が与える心理効果を利用して、様々な場所で活用されているのです。

ミニコラム1

ミニコラム2

nitori-net

家具通販・インテリア通販のニトリネットは、株式会社ニトリが運営する公式のネットショッピングサイトです。家具・インテリアなどの商品をお手頃な価格で豊富に取り揃えています。