お部屋を飾るコツ居心地の良い空間で、日々の暮らしをもっと楽しく、より自分らしく過ごすために、お気に入りのアイテムでお部屋をデコレーションしてみませんか。

これだ!が見つかる。暮らしの豆知識

おすすめアイテム

  • フェイクグリーン 育てる大変さがなく、触れるまで分からないほどクオリティの高いフェイクグリーン。テーブルやチェストの上など、上手に飾るとお部屋の雰囲気が大きく変わります。
  • アクセントラグ 足元が暖かい上、インテリアのアクセントになります。大きさや形、色柄も多彩に揃っているのでカーテンやソファなどに合わせてコーディネートします。
  • コンソールテーブル 壁際に置くテーブルです。リビングや玄関に置いて、花やランプなどを飾るのも良いでしょう。

空間デコレーションの基本

空間デコレーションには6種類のパターンがあります。自分の好きなスタイルをイメージしながら、色々な構成パターンにチャレンジしましょう。

  • 三角構成 最も基本的な構成パターンです。「お気に入りのもの1点を目立つようにバランス良くディスプレイしたい」そんな時にもおすすめ。文字通り、三角形になるようにものを配置します。頂点を軸にディスプレイすることで、バランス良くまとまります。
  • リピート構成 「フィギュアなどのコレクションを印象的にディスプレイしたい」そんな方におすすめの手法。規則性を持たせてずらっと並べることで、印象に残る空間になります。同じ大きさのものや色違いのものをディスプレイするのに効果的です。
  • 対称構成(シンメトリー) 「リビングを豪華な雰囲気に飾りたい」という方におすすめ。中心となるものを軸に、左右が対象になるようにものを配置します。落ち着いた雰囲気になり、クラシックやフォーマルな空間でも使われるパターンです。
  • 拡散構成 「個性的で印象的な空間をつくりたい」そんなデコレーション上級者向け。左右を意図的に非対称にするコーディネートです。斬新でアクティブな空間が生まれます。
  • 集中構成 「ごちゃごちゃさせず、すっきりコンパクトにディスプレイしたい」という方にはこれ。ものを一箇所に集中的に配置し、視線をそこへ集める構成パターンです。上品で高級感あふれる演出も可能です。
  • 拡散構成 「躍動感や空間の広がりを演出したい」といった時に用いる手法。ものを一箇所にまとめる集中構成に対し、あえてものを左右に散らして配置します。まるでフレームからはみ出したような空間の面白さを感じる構成パターンです。

フォーカルポイントを飾ろう

お部屋を素敵に見せるコツは、まずフォーカルポイントを見つけることです。フォーカルポイントとは、お部屋に入った時にまず視線が引きつけられる場所のこと。1部屋に1~2箇所、絵やインテリア小物などを飾る。そうすればお部屋の印象がグンと華やかになります。フォーカルポイントも四季折々にテーマを決めて、春は明るく軽やか、夏は涼しい雰囲気に、秋から冬にかけてはあたたかみのある素材やアイテムを取り入れると良いでしょう。またひな祭りや七夕、お月見、クリスマスといった季節の行事に合わせた飾りつけなどでも、フォーカルポイントを上手に活かしましょう。